銀歯が気になり笑うことができずに悩んでいませんか?

術前

術後

笑った瞬間にちらっと見える銀の詰め物や被せ物、気になりますよね。銀歯は、見た目の問題だけではなく、金属アレルギーを引き起こす原因となる可能性があることをご存知ですか?

そこでおすすめしたいのがセラミックを用いた治療です。セラミックは天然歯のような自然な見た目が再現できるのはもちろん、金属アレルギーの心配もありません。セラミックを用いた審美治療で白い歯を手に入れて、自然な笑顔を取り戻しませんか?

当院の審美治療メニュー

  概要 メリット デメリット
オールセラミック

オールセラミック

すべてセラミックで作られています。天然歯のような透明感が特徴です。
  • 透明感があり、色も調整しやすく美しい仕上がりが期待できる
  • 強度がある
  • 金属アレルギーの心配もない
  • 歯を削る量が多い
  • 天然歯より硬いため、周囲や咬み合う歯に負担をかけることがある
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを混ぜ合わせた素材でできています。
  • 透明感に優れていて、美しい仕上がりが期待できる
  • 咬み合う歯に負担をかけることがない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 経年により変色する
  • 衝撃により割れることがある
e-max

e-max

セラミックの一種で、世界最先端のものでできています。
  • 透明度に優れていて見た目が美しい
  • ほとんど変色しない
  • 適度な強度と柔らかさを持ち、咬み合う歯に負担をかけない
  • 治療した部分から虫歯になりにくい
  • 元の歯の色の影響を受けやすい
  • 微細な色の表現が難しい
ファイバーコア

ファイバーコア

被せ物をする際に立てるグラスファイバー製の白い芯(コア)です。
  • 適度なしなりがあり、折れたり割れたりしにくい
  • 透明感に優れていて、自然な仕上がりが期待できる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 金属製のコアと比較すると、強度で劣る
  • ページの先頭へ戻る